• 03-3769-0775
  • 10:00~17:00(土日祝除く)

熱海 温泉付戸建 数寄屋普請の別荘「翠嵐」

主庭の山桜
主庭の紅梅
主庭の白梅

和のモダニズム

数寄屋という和の美しさにミッドセンチュリーデザインが融合した空間。その近代数寄屋を継承し、耐震補強及び水まわりを主に現代の生活スタイルを考慮したリノヴェーションを実施。

雨戸・ガラス戸・障子は全て戸袋に

屋内外の融合

深い庇と緩やかな段差、そして開放的な開口によって室内と庭との境目を感じさせない、屋内外の一体化という非日常空間を味わえます。

玄昌石四半敷きの犬走りと那智黒が敷かれた雨落ち

三つの和庭

数寄屋門から玄関までの前庭、池を中心とした滝や流れのある主庭、勝手口へと通ずる裏庭と、それぞれの庭がやすらぎを生み、建物の室内を癒しの空間にさせます。

前庭 門から玄関までのアプローチは平坦かつ直線的で歩きやすさを求められたと考えられますが、敷石は少しずつずらすことで曲線の歩行を実現しています。通路の脇には景石を主としリュウノヒゲや敷砂利で演出。何と言ってもシンボル的なベニシダレは季節を感じられ、我々を迎えてくれます。 

数寄屋門から玄関まで鉄平石を敷かれた前庭
前庭の紅枝垂モミジ
前庭から主庭へと行き来できる火灯窓を彷彿させる開口部

主庭  建物の中から眺める鑑賞式と、年月が経ち木々が成長し歩行に障害となっているが池の周りを歩く池泉回遊式となっています。 主庭は南側に広々と設け、最も美しく見える応接間(洋間)を視座とし、滝や雪見型灯籠、蹲踞が配置してあります。紅梅・ノムラモミジ・しだれ梅・桜等といった多くの庭木が、春夏秋冬季節を感じさせます。

主庭と応接間
延段の一部の石臼(主庭)
池泉へ向かう流れ
岩の隙間から流れ落ちる滝
蹲踞越しに見える「翠嵐」

一階 全く違うビューを味わえる二面性を持ったフロアー

和室2間と台所からは箱根外輪山、応接間からは庭園を眺める。同じフロアーでも全く違う景色を愉しめる二面性を持つ階。

床は玄昌石の四半敷き(玄関)
玄関の足元灯として行燈を採用
フルオープンで庭園を愉しめる応接間(洋間)
リビングとダイニングとして使える和室二間。襖で仕切るこどで寝室(客間)にする事も
床の間と丸窓が印象的な書院
クッキング中もその後も自然と人が集うレイアウト
鉄釉陶器を再現した面材のキッチン(kitchenhouse製)
造形美を感じるレンジフード
眺望を愉しめる台所に隣接するパティオ(アウトドアダイニング)

二階 オーナーのみが使うプライヴェート空間

主寝室、パウダー&ドレッシングルーム(W.I.C)、3in1タイプのバスルームのみでオーナーが使う階。この3つの空間のレイアウトは、動線を意識したものと感じられます。

パウダー&ドレッシングルーム(W.I.C)
照明は大小の各行燈のみ。遮光用襖が特徴の主寝室
W.I.Cと主寝室専用バスルーム。W.I.Cに光が差し込めるよう、扉は和紙調テンパガラスを採用
箱根外輪山の大観山を望む主寝室専用バスルーム
風景を切り取るように窓を設けた主寝室専用バスルーム

地下1階 半露天温泉風呂と洗面脱衣室のみのプライヴェート空間 

敷地の高低差を上手く利用し地下でありながら、まるで絵画のように箱根外輪山を切り取った眺望を湯船で愉しむ階。

Wシンクを設けた洗面脱衣室と浴室(奥)
縦格子越しから見る浴室
床・壁は黒の御影石、天井は椹を使用
浴槽はインフィニティに、窓は折れ戸型無双窓を採用
「翠嵐」 翠に映えた山並みの眺望を愉しめる天然温泉半露天風呂

成約

物件概要

物件種別戸建て
所在地熱海市
取引態様売主
物件番号202

※掲載情報と現況に相違がある場合は、現況を優先します。

熱海 温泉付戸建 数寄屋普請の別荘「翠嵐」の物件レポート