• 03-3769-0775
  • 10:00~17:00(土日祝除く)

湯河原 露天温泉風呂付新築戸建「景泉」

「これからは別荘が週末別荘に、そして定住に。」
「景泉」のコンセプトは「定住もできる別荘」。リゾート要素として、①半露天風呂と露天風呂のW浴槽の設置②海や山の眺望を活かしたLDK+アウトドアリビング③リゾートヴィラを彷彿とさせるデイベッド付サニタリーと温泉風呂とを1本の動線で繋げたベッドルーム。さらに定住を視野にに入れた3つの要素として①「将来でのホームエレベーター設置」②「3ベッドルームに3レストルーム」③「OMソーラーのパッシブエアコンの採用」。リゾートに快適さを加えたvilla t project シリーズの最新作を是非ご覧ください。

  

眺望

薄明(トワイライト)

「景泉」の魅力の一つである二階からの眺望。湯河原の街並み越しには相模灘に浮かぶ三ツ石と真鶴半島、さらに相模灘から十国峠へと続く稜線が美しく見渡せます。海上花火大会、月見、夜景、薄明(トワイライト)を愉しめ、特別な時間と空間を味わうことができます。建物の向きや配置、リビングの大きなフィックス窓とアウトドアリビングへ繋がるダイニングキッチンのフルオープン窓は、すべてこの景色のために考えられたものです。

湯面に映る満月
湯河原温泉花火大会

  

ロケーション

湯河原駅から約1kmとアクセスが良い割には緑が多く、海と山の眺望と温泉を味わえる希少な場所。樹齢850年のご神木の楠がある五所神社の脇を上がって行く。

  

万葉集で詠われた「名湯」

「景泉」の魅力の一つである温泉。日本最古歌集「万葉集」で唯一温泉の湧き出る様を詠われた湯河原温泉。泉質は弱食塩泉・弱アルカリ性で、無色透明無臭。肌にやさしい温泉を是非味わっていただきたいと思います。

  

OMソーラー社「パッシブエアコン」

全館空調システム「パッシブエアコン」はパッシブデザインの要素を採用した家の小屋裏に設置され、ダクティング(配管)により冬は床下から暖房を、夏には天井から冷房することで屋内の温熱環境を一年中快適に維持します。24時間365日自動運転の為、面倒な設定をする必要がありません。冬季(暖房運転時)は部屋間のヒートショックを和らげ、夏期(冷房または除湿運転時)はカビやダニなどの発生を抑制します。エアコンの制御は室内のリモコンの他、スマートフォンによる外出先からも可能です。

  

多種多様の「庭」

「景泉」には四つの庭。 第一の庭は、ホテイチクとアケボノモウソウチクが続くアプローチ。自然に垂れ下がった竹は心地よさを感じつつ、その先にある建物の存在が気になり始めます。 第二の庭は、既存の木々と植栽を組合せた前庭。縦格子の玄関トンネルアプローチの正面に、3m級のイロハモミジを植栽し、二階キッチンの大きなフィックス窓とスリット窓からも前庭を愉しめます。 第三の庭は、苔山に囲まれた二石組みとモミジを組み合わせた主庭。デイベッドのあるサニタリーと半露天風呂の正面にはシンボルツリーであるオオサカズキモミジと横景石。主寝室から見える露天風呂の先には縦景石とそれを覆いかぶさるイロハモミジとの組合せ。最後に前庭と主庭を結ぶ第四の庭は、かつての大企業の保養所時代から存在していた大きな山桃と山桜があり、それを活かすように建物を配置しました。その全ての庭は日没後も愉しめるよう照明計画がされています。

  

1階 間取り

  

一枚一枚表情の違う陶板の「風除室」

縦格子のアプローチを潜り玄関ドアを開けるとまず風除室が迎えてくれます。正面のニッチはお気に入りの物をしつらえるよう設けました。

  

温かみのある和紙が迎えてくれる「玄関」

玄関にはベンチにもなる凸凹(なぐり)仕上げのカウンターを設け、正面の壁には和紙を1枚づつ丁寧に貼り仕上げました。

  

リゾートヴィラの「ベッドルーム(寝室1)」

リゾートヴィラを彷彿させるサニタリーと浴室が一体になった間取り。大きな窓を開けると露天風呂があり、水盤として太陽の光や月の光を受ける様を愉しめます。

  

くつろげるデイベット付き「サニタリー」

切り取られた景石とモミジが見えるデイベット付きサニタリー。洗面化粧台を2つ設け、1つは照明付き拡大鏡を設置、もう1つにはミニ冷蔵庫を設置できるスペースを確保。一角にあるトイレは、シャドーカーテンを下ろすことで存在感を無くします。また、露天風呂のある屋外デッキへ行き来できるよう扉を設けました。

  

進化する半露天風呂の「浴室」

湯面と景色が一体となるインフィニティ風呂。新たな温泉風呂空間にこだわり、2面ある無双窓には、虫よけの網戸と全開口となる引込戸と2つの要素を採用。また、洗い場は座って景色を愉しめるベンチ付きシャワーブース。

  

専用トイレのある「ベッドルーム(寝室2)」

ゆったりとした10畳程の寝室は、専用のトイレがあるのが特徴。クローゼット内は将来ホームエレベーターを設置できる空間としました。朱色のカウンターにTV配線があり、映像を愉しむことができます。壁スイッチで点灯できる大きな4本脚の置き照明をメインの照明として使います。

  

2階 間取り

  

眺望と炎を眺める癒しの空間「リビングダイニング」

屋根勾配なりの勾配天井には1本の梁も設けず開放的な空間に仕上げました。中央にはエタノール暖炉を取り付け、リビングとダイニング、そしてキッチンからも炎のゆらぎに癒されます。ダイニングからアウトドアリビングへつながるフルオープン窓を採用。全開口で海山のある湯河原の景色を取り込みます。

  

動きやすさと立った時の解放感を追求した「キッチン」

背面ピクチャーウィンドウとサイドの縦スリット窓からの景観を取り入れ、美しさを求めると共にシンクの前に立った時の風景と効率のいい家事動線を意識したレイアウト。また、外国製に限られますが食洗機を設置できるように内部配管等を用意しました。

  

眺望も花火も愉しむ「アウトドアリビング(ダイニング)」

ダイニングからつながるアウトドアリビング。「景泉」で最も眺望を愉しめる場所。屋外用家具やエタノール暖炉付テーブル等が置けるように十分の広さを確保しました。

  

大きな障子が特徴の多様性を持つ「和室」

框と組子が同じ寸法で作られた大きな一枚障子を開閉することで多様性を持つ和室。天然素材で仕上げた天井には照明を設けず、4脚行燈照明のみの落ち着きのある心地よい空間に仕上げています。奥の納戸に将来ホームエレベーターを設置できる空間を確保しました。

  

露天風呂とテラス
庭と景色を愉しむ露天風呂とテラス
建物外観(東南側)

建物外観(北西側)

11800万円

物件概要

物件種別戸建て
所在地湯河原町宮下
交通東海道本線「湯河原」駅より約1.2km
建物面積163m2
土地面積957m2
間取り3LDK+納戸+WISC
構造木造合金メッキ鋼板ぶき2階建
建ぺい率60%
容積率200%
土地権利所有権
接道北東側・東南公道(1項1号) 北西側私道(1項5号) 南西側公道(法外道路)
地目宅地
用途地域第1種住居地域
都市計画非線引
その他制限神奈川県建築基準条例・ 湯河原町景観条例・ 建築基準法第22条区域・第4種風致地区・宅地造成規制法・文化財保護法・土砂災害防止対策推進法
建築確認番号H30SBC-確00840H号
建築検査済証H31SBC-完05048H号
設備東京電力・簡易水道・本下水道・LPガス
温泉有 詳細はお問合せ下さい。
取引態様売主
物件番号200

※掲載情報と現況に相違がある場合は、現況を優先します。

湯河原 露天温泉風呂付新築戸建「景泉」の物件レポート